日本人に多いといわれているうつ病。そんな病気だからこそ知っておきませんか?

うつ病の人との接し方とうつ病の治療法をご紹介

うつ病の治療法とは

先ほどのページでは、うつ病患者の周囲の人たちの振るまい方についてみていきましたが、このページではうつ病患者はいったいどのような治療を病院で受ければうつ病が改善するのか、その治療法について書いていきます。どのような治療法があるのでしょうか?最新の研究も紹介します。

うつ病に関するまとめ

このページではページ1・2では紹介しきれなかったことを、ページ1・2のまとめという形で紹介していこうと思います。 うつ病患者にしてはいけないことはまだまだありますし、具体的にどういった対応をしてあげれば良いのかなど紹介しなければならないことはたくさんあります。

うつ病患者への正しい接し方

ヒトはなぜうつ病になってしまうのでしょうか?様々な研究がなされており、最近の研究では、楽しい・うれしいといった感情が引き金となってうつ病が発症するという研究もあります。しかし、一番大きな原因と考えられているのは、やはり不安や緊張など負の感情から発生するストレスやその人自身の考え方やその人の生活環境です。
昔は、うつ病というのはその人の心の持ちようの問題であって、その人の精神面の弱さが原因だなどといわれていたこともありました。しかし、はっきりとしたメカニズムは完全にはわかってはいませんが、医療技術が進歩するにつれて、その仕組みは徐々に解明されてきました。まず、ヒトは日常生活で様々な精神的負荷すなわちストレスを感じます。職場でなにか失敗をして上司に怒られたり、学校で先生に怒られたりなど、日常生活にはありとあらゆるストレスを受けやすい環境・機会があるのも事実です。逆に、ヒトは日常生活の中でうれしさ・幸福感といったプラスの感情も享受することもできます。これら様々な感情は、すべて脳の神経細胞によって感知されます。脳が様々な感情を認知するために必要なのは、神経細胞の中を通る神経伝達物質と呼ばれるものなのです。ヒトの神経伝達物質はおよそ100種類あると考えられていますが、その中でうつ病に関連していると考えられているのは、緊張の感情を伝達するセロトニン、さらにノルアドレナリンやドパミンの3種類で、これらの神経伝達物質が減ってしまうことで、うつ病になってしまうと考えられています。

うつ病になってしまう理由とは

このページでは、間違えやすいといわれているうつ病患者への接し方を説明したいと思います。 ついつい、うつ病患者を励ましてあげないといけないと考えている人も多いと思いますが、実はその方法間違っているかもしれません。正しい知識を身につけて、正しく接してあげるようにしましょう。